金銭感覚が麻痺して、生活水準が下げられなかった。(女性/40代)

女性/40代

結婚する前はOLをしていました。会社からの勧めもあり、クレジットカードを複数枚もっていました。

勢いのある会社だったので、ボーナスも多くあり、私の金銭感覚はおかしくなっています。
会社を何年か勤めた後に結婚をして、実家を出て、子どももできました。仕事も辞めています。

しかし、旦那が薄給ということもあり、家族三人で暮らすとなると家計が大変苦しいです。

イレギュラーな出費があると、使えるお金がほぼなにもありません。
私は会社勤めの頃に作ったクレジットカードで支払いをのばし、生活をやりくりしました。

買いたいものもカードで買います。金銭感覚は会社勤めのままでした。

そして、ついにキャッシングにまで手を出したのです。毎月の返済額は増えて、8万円にものぼります。
もちろん主人には内緒です。このままでは食費すらままならないと思い、私は近所のスーパーでパートを始めました。

しかし、まだ小さい子どもの面倒や晩御飯の支度を滞りなく行うためには、あまり働く時間を増やすこともできません。

月の給料が6万円ほどだったので、滞納しました。当然、督促の電話もきましたが、主人に相談はしませんでした。
自分の計画性のなさから招いた借金を相談すると、離婚まで至ってしまうのではないかという恐れからです。

どうしようかとインターネットでいろいろ検索すると、街角相談所-法律-というサイトを見つけました。

そこで債務の減額方法を知り、私は任意整理を決意しました。
一番誰にも知られず、借金をどうにかできる方法らしいからです。

そして、法律事務所に相談し、いろいろ手続きをすると督促の電話も止みました。

そして、月々の返済額が半額になり、無理なくパートの給料で対応できる範囲です。主人にもバレませんでした。
今は借金も完済して、パートは続けて、自分の好きなものもOL時代ほどではないですが、買えています。

このページの先頭へ