相談した結果、過払い金が判明しました。(男性/30代)

男性/30代

私は30代の男性で、普段はサラリーマンとして働いています。

特に趣味もなく、家と会社を往復する毎日だったのですが、
接待で利用したキャバクラでキャバ嬢にハマってしまい、貯金を使い果たしてしまいました

アクセサリーやバッグなどもプレゼントしていたので、その額はかなりのものです。

次第に給料のほとんどをその女性のために使い、気づいた時には生活費がなくなっていました。
そこで頼ったのが消費者金融です。

コンビニなどのATMで気軽に借りられることもあって、毎日少しずつ借金を重ねました。

給料日が来れば返せるだろうと楽観的に考えており、借金の総額を確認しませんでした。
その結果、なんと借金が500万円を超えてしまったのです。

これから先の給料やボーナスをやりくりしても返す自信がありません。

それでも何とかしなければならないと思い、少しずつ返済を始めました。
それから5年が経過したのですが、毎月利子を返すだけでやっとの状態です。

計算によると、ほとんどの借金を返したことになるのですが、元金が全然減らないので利子が利子を生んでしまっていたのです。

このままでは借金地獄が終わらないと思い、どこかに相談しようと思いました。
その際に利用したのが、無料相談サービスがある街角相談所-法律-でした。

そちらには、借金問題に詳しい法律の専門家が多く在籍しています。

今までの経緯を相談した所、過払い金があるかもしれないと言われました。

いわゆるグレーゾーン金利というもので、正しく算定すれば既に返済し終えていることになるようです。
改めて計算してもらった結果、消費者金融側に申請すれば、これ以上返済しなくて良いということが分かりました。

払い過ぎた分も戻ってくるようで、ホッとしました。

こうして、長かった私の借金生活が終わりを告げました。
一人で悩まず、専門家に相談することが大事だということが身にしみて分かりました。

借金返済の相談を無料でしたい方はこちら